バイクと速度

バイクと速度、猛スピードで走ると

バイクを乗って、だいぶ慣れてきた人はスピードをあげて乗るといった人も多いことでしょう。
近年では交通ルールも厳しくなり、警察の監視も厳しくなりました。
そのためむちゃくちゃな運転については減ってはきましたが、それでも未だにむちゃくちゃな運転をしている人は大勢みられます。
例えば高速道路を300kmで走るといったものです。
このくらいのスピードになるとカメラにうつらないといった話もあり、飛ばしているといった人もいます。
これはもちろんごくまれの話です。
多くのライダーは安全な乗り方で乗っています。
もし何かあれば、それこそ一環の終わりです。300kmなんてまず助かる見込みはありません。
事故についてのニュースですが、何キロくらいで走っていたかについてもチェックしたいところです。
40kmや50 km の事故については、怪我はしてもそこまで大事ではないケースがけっこうあります。
残念ながら打ち所が悪いといった場合は、大怪我になっていることもあります。
このように一概にはいえませんが、基本的に猛スピードでなければ、そこまでリスクがないのも普通です。
リスクについては、例えば歩行者でもあるわけです。
歩道をつっこんでくる車なんていうケースもないわけではありません。

関連ページ

バイクツーリングで久慈へ
バイクに関連した記事の紹介
バイクツーリング
バイクに関連した記事の紹介
バイクで明治時代へ?
バイクに関連した記事の紹介
草刈正雄の湾岸道路
草刈正雄の湾岸道路について
ホンダXL1000Vバラデロ
私の愛車、ホンダXL1000Vバラデロの紹介。
バイクは学生に人気
手軽なバイクは学生には人気ですね。